[PR]

 理容師が遺族の依頼を受け、故人の髪を整える「エンディングカット」。三重県東員町の小さな理容店が始めたサービスが、徐々に広がっている。「亡くなった方を少しでもきれいな姿で見ていただき、悔いなくお見送りをしてほしい」。そんな思いで、故人と遺族らとの“最後の時間”を良い思い出にしようと手助けしている。

 「髪の毛一つで、印象がガラッと変わります」。東員町笹尾西2丁目で「エンディングCutピュア」を営む小山辰己さん(59)はそう話す。「ご遺体は寝た状態なので、普通はほとんどオールバックの状態になり、生前の印象とズレがあるケースが多いんです」

 生前の写真や遺族の話を元に髪形を決める。寝たままの姿で髪を切り、シャンプー、白髪染めなどを施してセットする。カラー染めをしたり、爪にネイルを施したりすることもある。仕上がった姿を見ると、ほとんどの遺族が涙を流すという。

 小山さんがエンディングカットを始めるきっかけとなったのは、2009年、妻の加代さん(54)の父親が亡くなった時だった。伸びていた髪を、本来の短髪に整えた。棺から見える姿が見違えるようになった。「自分の技術が使えるのではないか」。そう考えて始めたという。

 やはり最後のカットだという点に気を払う。「失敗は絶対に出来ないですから、すごく神経を使います」。

 寝ながら髪を切るのは、起きて…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら