[PR]

経世彩民 福田直之の目

 1977年10月14日、上海の新聞に小さな記事が載った。

 「我が国最初の高精度計量標準計器、空気圧力天秤」。軍の青年エンジニアが編み出した画期的な技術が紹介されていた。

 しかし彼はその後、リストラに遭い、再就職した国有企業もクビに。自分で商売するしかないと、87年に会社を立ち上げ、通信機器の代理店となった。数十年後に世界を騒然とさせる企業になるとは、おそらくだれも想像しなかっただろう。

 その企業の名はファーウェイ。新聞で紹介された青年エンジニア名は任正非。創業者でCEO。ファーウェイのカリスマだ。

「教祖」誕生?

 通信機器で世界最先端の技術を持つようになったファーウェイを、中国人はプライドを持って「民族ブランド」と呼ぶ。

経済という言葉の語源「経世済民」には「世をおさめ、民をすくう」という意味があります。原則、毎週火曜朝に配信するコラム「経世彩民」では、記者が日々の取材を経て思うこと、伝えたいことを色とりどりの視点でつづっていきます。

 ただ、任氏は大のマスコミ嫌いで、その素顔は謎に包まれていた。ところが、米国が本気の「ファーウェイつぶし」にかかったのを受け、任氏はとうとう表に出る道を選んだ。

 いま多くの中国人が任氏の発言…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら