[PR]

 11日午前11時20分ごろ、京都府向日(むこう)市上植野町薮ノ下のアパートの駐車場で成人女性の遺体が見つかり、府警は12日未明、同市職員ら男2人を死体遺棄の疑いで逮捕し、発表した。2人は「アパートの部屋から遺体を運び、駐車場に置いた」と容疑を認めているという。遺体の全身は粘着テープで何度も巻かれていた。

 向日町署によると、逮捕したのはこのアパートの2階の一室を借りている向日市地域福祉課主査の余根田渉(よねだわたる)容疑者(29)=京都市西京区川島野田町=と、1階に住む職業不詳の橋本貴彦容疑者(55)。2人は11日午前11時20分ごろ、駐車場に死亡していた女性を遺棄した疑いがある。余根田容疑者は生活保護世帯との窓口になるケースワーカーで、受給者の橋本容疑者の担当だった。

 捜査関係者によると、橋本容疑者と一緒に暮らしていた交際相手の40代女性と連絡が取れなくなっており、遺体の身元の特定を進めている。遺体の状況から死後1カ月ほどが経過しているとみられ、目立った外傷はなかった。

 アパートは2階建てで各階4部…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら