[PR]

 妻を殺害し実家に遺体を埋めたとして、殺人と死体遺棄の罪に問われた千葉県柏市の元銀行員、弥谷(やたに)鷹仁被告(37)と、殺人幇助(ほうじょ)罪などに問われた鷹仁被告の母恵美被告(64)の裁判員裁判の判決が12日、千葉地裁であった。岡部豪裁判長は鷹仁被告に懲役15年(求刑懲役17年)、恵美被告に求刑を上回る懲役7年(求刑懲役6年)を言い渡した。

 判決によると、鷹仁被告は昨年3月4日、柏市の自宅で妻麻衣子さん(当時30)に睡眠導入剤を入れたカレーを食べさせたうえ、車内で首を絞めて殺害。恵美被告は事前にシャベルを購入するなど手助けし、2人で茨城県取手市の恵美被告宅の敷地に遺体を埋めた。

 公判で、検察側は鷹仁被告について「妻の自殺や失踪を装った計画的犯行で悪質だ」と指摘。恵美被告については「息子に協力し、殺害する可能性を強く認識していた」と主張した。

 弁護側は、鷹仁被告が精神的に追い詰められていたことや、恵美被告が本当に殺害するとは思っていなかったことを挙げ、いずれも執行猶予付きの判決を求めていた。(寺沢知海)