[PR]

 12日午前9時45分ごろ、岐阜県笠松町の笠松競馬場の厩舎(きゅうしゃ)から競走馬が敷地外に逃げる騒ぎがあった。県警岐阜羽島署などによると、馬は約5分後に捕まり、けが人はいなかったという。

 同署などによると、逃げたのはオスの競走馬(4歳)1頭。放牧後、厩舎に戻る途中、近くに止まっていたごみ収集車の音に驚いて暴れ出し、逃げたという。馬は車両通行のため開いていたゲートから敷地外に出て、約500メートル離れた住宅地で厩務員に確保された。

 同競馬場では、2013年10月、逃げ出した競走馬が軽乗用車と衝突し、運転していた男性が死亡する事故が起きている。(松沢拓樹)