[PR]

 山形県東根市のマンションで眼科医の矢口智恵美さん(50)を殺害したとして、山形県警は12日、山形市東原町1丁目の山形大生、加藤紘貴容疑者(23)を殺人と住居侵入の疑いで逮捕し、発表した。

 県警によると、加藤容疑者は5月19日早朝、東根市さくらんぼ駅前3丁目のマンション2階の矢口さん方に侵入し、矢口さんの頭などを鈍器で繰り返し殴って殺害した疑いがある。

 事件は同日午後5時50分ごろ、矢口さんと事前に約束があって訪ねた福島県に住む40代の弟が、居間で頭から血を流して倒れている矢口さんを発見し、110番通報して発覚した。その後の司法解剖の結果、矢口さんの死因は頭部を強く殴られたことによる頭蓋(ずがい)内損傷だったことが判明している。

 室内からは、血の付いたゴルフクラブのパターが見つかったほか、付近の防犯カメラには、矢口さんの死亡推定時刻の19日早朝にマンションに出入りする人物が映っていた。

 現場は、山形新幹線の停車駅でもあるJR奥羽線のさくらんぼ東根駅の東約300メートル。