[PR]

 佐賀県多久市は、2年間燃え続けているボタ山の鎮火を目指し、現場のボーリング調査などを始める。4日開会した市議会定例会に、地質調査委託費300万円を盛り込んだ一般会計補正予算案を提出した。

 現場は同市北多久町小侍にある、石炭くずを積み上げた高さ約10メートルのボタ山。2017年春に地権者が山の木を伐採して焼いたところ、地面に燃え移った。消防が消火作業をして地表は鎮圧。しかし地下の石炭くずまで火が回り、煙が出続けて鎮火には至らないままだった。周囲には民家やアパートがあり、煙の臭いに対する苦情が出ていた。

 予算案が可決されれば、延焼が確認されている約3千平方メートルの範囲を調査する。ボーリングでは計5カ所を最深約10メートルまで掘り、石炭くずの深さや地中の状況を確認。煙が出なくなった1、2カ所を重機で掘り返し、どのような燃え方をしたのかなども調べる。市は早ければ7月下旬にも始めたい考えだ。

 市によると、煙は目立たなくな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら