[PR]

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画で、政府が同県名護市辺野古沿岸部に造っている護岸「K8」から新たに土砂の陸揚げを始めたことを受け、沖縄県の玉城デニー知事は12日、防衛省を訪れて岩屋毅防衛相に工事の即時中止を求めた。

 会談は冒頭以外、非公開。会談後に報道陣の取材に応じた玉城氏は、岩屋氏に対し「我々は埋め立ての承認は撤回している立場を堅持する」「埋め立てを即時に中止し、民意に向き合い、普天間飛行場の一日も早い運用停止から行うべきだ」と伝えたことを明らかにした。玉城氏によると、岩屋氏は「国の立場をご理解いただきたい」と述べたという。