[PR]

 妻を殺害し実家に遺体を埋めたとして、殺人と死体遺棄の罪に問われた千葉県柏市の元銀行員、弥谷(やたに)鷹仁被告(37)と、殺人幇助(ほうじょ)罪などに問われた鷹仁被告の母恵美被告(64)の裁判員裁判の判決が12日、千葉地裁であった。岡部豪裁判長は鷹仁被告に懲役15年(求刑懲役17年)、恵美被告には求刑を上回る懲役7年(求刑懲役6年)を言い渡した。

 判決によると、鷹仁被告は昨年3月4日、妻麻衣子さん(当時30)に睡眠導入剤を混入したカレーを食べさせたうえで車の中で首を絞めて殺害。恵美被告は遺体を茨城県取手市の自宅に埋めることを提案したり、穴を掘る道具を購入したりして手助けした。2人は4日夜、あらかじめ掘った穴に遺体を埋めて遺棄した。

 岡部裁判長は、殺害の動機について、麻衣子さんが強迫性障害を患い、時にきつい言葉を浴びせることに、鷹仁被告が不満を募らせたと認定。鷹仁被告は公判で「娘を守るためには殺害するしかないと思った」などと話していたが「ほかの手段を十分に尽くさないまま短絡的に殺害に及んだ」と非難した。

 2人が麻衣子さんが行方不明になったことを装う計画を綿密に練り、発覚しないようにLINEや秘密の場所に置いた手紙でやりとりしていたことを挙げ「用意周到かつ巧妙な犯行計画で、完全犯罪をもくろんでいた」とも指摘した。

 恵美被告に対しては「親として冷静な観点から息子の誤った考えを正すべき立場にあったにもかかわらず、殺害を積極的に手助けした」と認定。犯行後に鷹仁被告がLINEで「1人じゃ思い切れなかったよ」と送ったメッセージに「そう言ってもらえるとオカンも救われる」と返信していることなどから「幇助の故意が認められる」と強調した。「幇助犯の中では最大限非難されるべきで、正犯の半分程度の刑事責任が相当」と求刑を上回る量刑の理由を述べた。

 公判で、鷹仁被告は、自宅でご…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら