[PR]

 那覇市の米軍那覇軍港付近で11日に不発弾が見つかり、海上自衛隊沖縄基地隊水中処分隊が12日、西約5キロの沖合に運んだ。米国製の500キロ爆弾で、長さ約140センチ、直径約50センチ。信管が付いており爆発する危険があるため、しばらく海底に留め置いた後、爆破処理する見通し。

 海自によると、太平洋戦争末期の沖縄戦の際に米軍機から投下されたものとみられる。民間業者が軍港内で浚渫(しゅんせつ)工事をしていた際、海底からすくい上げた土砂の中に入っていたという。

 那覇市の担当者は「沖縄は不発弾が多いが、500キロの不発弾というのはあまり聞かない」と話した。(藤原慎一)