[PR]

 山形県東根市のマンションに侵入し、眼科医の矢口智恵美さん(50)を殺害したとして、山形県警は12日、山形市東原町1丁目、山形大学人文学部4年の加藤紘貴(ひろき)容疑者(23)を殺人と住居侵入の疑いで逮捕し、発表した。県警は認否を明らかにしていない。これまでの捜査で加藤容疑者と矢口さんの接点は確認されていないといい、県警は事件の経緯や動機について調べを進める。

 県警によると、加藤容疑者は5月19日早朝、東根市さくらんぼ駅前3丁目のマンション2階の矢口さん方に侵入し、矢口さんの頭などを鈍器で繰り返し殴り、頭蓋(ずがい)内損傷で殺害した疑いがある。現場周辺の防犯カメラの映像を分析するなどしたところ、加藤容疑者が浮上したとされる。矢口さんは同県村山市で眼科医院を経営していたが、加藤容疑者が受診したことはなかったという。

 山形大学の関係者によると、加藤容疑者は事件が起きた後も、大学の授業に出席していたという。同じ授業を受けていたという学生は「真面目な学生という印象だった」と話した。

 事件は5月19日夕、矢口さんと事前に約束があって訪ねた福島県に住む40代の弟が、居間で頭から血を流して倒れている矢口さんを発見し、110番通報して発覚した。捜査関係者によると、弟が訪れた際、玄関に鍵はかかっておらず、現場には矢口さんのゴルフパターが血の付いた状態で残されていた。室内に荒らされた様子はなかったという。矢口さんは前日の18日、普段通り夕方まで診療にあたり、夜は眼科医院の歓迎会に出席していた。