[PR]

 韓国の故金大中(キムデジュン)・元大統領の妻、李姫鎬(イヒホ)さんが亡くなったことを受け、北朝鮮の金与正(キムヨジョン)・朝鮮労働党宣伝扇動部第1副部長が12日夕、軍事境界線上にある板門店を訪れ、金正恩(キムジョンウン)党委員長名義の弔意文と弔花を韓国側に伝えた。

 与正氏は正恩氏の実妹。韓国側からは、大統領府の鄭義溶(チョンウィヨン)・国家安保室長や李氏の葬儀委員会の代表らが訪れ、弔意文と弔花を受け取った。

 北朝鮮の内部事情に詳しい関係者によると、北朝鮮側は当初、国務委員会の副委員長級の側近を葬儀に派遣し、ソウルの大統領府を訪れることも検討したが、文在寅(ムンジェイン)大統領が外国を訪問中で会談することができないため、与正氏を板門店に派遣する形にしたという。(ソウル=神谷毅)

(あわせて読みたい)北朝鮮が操った「アイドル志願の女」 逮捕に笑った真相
金正恩氏の兄、正男氏はマレーシアで殺害されています。実行犯となったベトナム人女性が、なぜ犯行に至ったのかを追いました。
(こんな記事も)北朝鮮大使館を襲った「自由朝鮮」の謎 逃げ去る高級車
スペインの北朝鮮大使館が襲われる事件がありました。関与を認めた団体「自由朝鮮」の目的とは?