[PR]

 「果報は練って待て」「ヘイヘイヘイのガンでやれ」――。大阪でかつて活躍した企業家たちの言葉が並んだパネル展が大阪市で開かれている。明治以降に時代を切り開いてきた85人の格言や座右の銘は、令和の時代を生き抜くヒントになりそうだ。

 よく知られるのはサントリー創業者鳥井信治郎氏の「やってみなはれ」。挑戦する姿勢をシンプルに表した言葉だ。展示では、このほかにも「執念」「難破」「打開」といった積極的なフレーズが本人の顔写真とともに飾られている。

 レンゴーの創業者で、段ボールの生みの親とされる井上貞治郎氏は「握ったら放すな『きんとま哲学』」と説いた。鉄(きん)のような固い意思を持ち、商機(ま)を逃すな、という商売の鉄則という意味だ。

 「『果報は寝て待て』ではなく…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら