[PR]

 鳩山由紀夫元首相が12日、ソウルの延世大で学生向けに講演し、「日本は戦争で傷つけた人たちや植民地にしていた方々に対し、『もう、これ以上謝らなくてもいい』と言ってくれるまで、心の中で謝罪する気持ちを持ち続けなければならない」と持論を述べた。

 鳩山氏は講演で、日本の植民地時代に多くの政治犯が収容されたソウルの旧西大門刑務所を2015年に訪れ、追悼碑前でひざまずいて黙禱(もくとう)した経験に言及。「日本メディアに『なぜ今さらそんなことをする必要があるのか』と相当厳しくたたかれたが、正しい行為をしたと思っている」と振り返った。

 その上で、15年末に当時の朴槿恵(パククネ)政権による日本との日韓慰安婦合意が韓国で厳しく批判されたことについて、「(日本の政治家らが合意後に)『この問題を二度と蒸し返すな』と、傷つけられた立場を理解しない発言をしたことで、すべてが壊れた」との見方を示した。

 一方、鳩山氏は「韓国や中国には、日本がどんなことをしても許さないという強硬な人がおり、そういう人たちに耳を傾けすぎてしまうと、いつまでも決着がつかない」とも指摘。「日本が心から謝罪したとき、中国と韓国のマジョリティーが『よしわかった』という姿勢を示せば、歴史問題は解決する。問題を21世紀半ばまで持ち込むことは誰にとっても望ましいことではない」と訴えた。

 鳩山氏は著書の韓国語版が出版されたことを機に訪韓。10日に死去した故金大中(キムデジュン)元大統領の妻、李姫鎬(イヒホ)さんの弔問も行った。(ソウル=武田肇)

(あわせて読みたい)韓流、SNS世代が「第3の波」 訪韓日本人が過去最多
支えるのは、韓国のファッションや食文化に親しむ10~20代の女性たち。「過去最悪」とされる政治の壁を軽々と越えています。
(こんな記事も)新大久保駅で息子失った母の信念「韓国人は日本が好き」
2001年、JR新大久保駅で起きた痛ましい事故を覚えていますか。亡くなった韓国人留学生の母親は、日韓の架け橋になってきました。