[PR]

 不妊治療の成功率を高めるために未成熟な卵子を体外で育て、精子と受精させる研究が厚生労働省の部会に認められたことを受け、申請していた大阪市西成区のクリニック「オーク住吉産婦人科」が12日、会見した。医療法人オーク会の中村嘉孝理事長は「社会的責任を負っているということは承知しており、トラブルなどはあたう限り公表する」と述べた。

 不妊治療で採卵した際、成熟卵に混ざって取れた未成熟な卵子を体外で成熟させ、受精後に発育させる技術の向上を目指す。夫婦から同意を得て、不妊治療で採取した後に残り、本来は捨てられていた卵子や精子を使う。研究後は子宮に戻さず廃棄する。

 受精胚(はい)は子宮に戻せば人として生まれる可能性があり、国は生殖補助医療に関わる研究に限って作ることを認めている。研究責任者の田口早桐(さぎり)医師は「多くの負担をかけて採卵した卵子を一つでも無駄にしないことが目的。悔いを残さないよう患者を支えたい」と話した。