[PR]

 急速な進化を遂げるICT(情報通信技術)の波は、高校野球の世界にも確実に押し寄せている。

 「おーいいね。113キロ、1700回転!」。札幌藻岩(札幌市)のブルペンで、石山智也部長は投球練習をする投手とスマートフォンの画面を交互に見つめ、声をかけた。「この回転数だと、低めに集めてゴロで打ち取るタイプだよね。配球もそれに合わせて考えて」

 同校では4月から、投球の球速や回転数、回転軸の傾きなどを測定できるセンサーが内蔵された特殊なボールを練習に取り入れた。価格は3万円ほど。見た目は普通の硬式球だが、スマホのアプリと連動し、一球一球の内容を分析できる。投手がリリースするまでのボールの軌道も追えるので、フォームの解析も一目瞭然だ。

 「今までは自分の感覚で『ナイスボール』と声をかけていたが、本人の感覚とずれることもあった。客観的なデータとして示すことで説得力が増す」と石山部長。1分間の回転数2千回以上を目標とし、回転数が少ない投手は低めのボールでゴロを打たせる投球を目指す。「回転数が上がると選手も喜ぶ。選手が『どうすればスピンがかかるのか』と試行錯誤して学ぶ過程が大切」という。

 羽迫悠斗投手(3年)はこの春、制球が定まらず悩んでいた。アプリでフォームを分析すると、リリースのタイミングで急激に力が入っていることが分かった。徐々に力を入れられるよう、下半身の強化に取り組んだという。「修正するポイントが明確で分かりやすい。今はプロの回転数約2400回を目指している」と意気込む。田口正浩監督は「これからは頭ごなしの指導ではなく、何が足りないのか客観的なデータを基に指導する方向に変わっていくのかな」

 ICT機材の低価格化が進む中で、公立校でも最新技術を練習に取り入れる学校が増えている。私立に比べて予算も設備も限られている公立校だが、最新技術により今までは手が届かなかった練習方法が可能になってきた。

 天塩(北海道天塩町)では今年、食事を記録すると栄養素の過不足を分析してくれるスマホのアプリを取り入れた。各選手のデータは、清水瑛樹監督のタブレット端末に集約される。月額500円の費用は部費から捻出した。

 「寮生活で食事を管理できる強豪私立ならいいけれど、家庭の事情も異なるうちの部では食事管理までは手が届かなかった」と清水監督。大学野球部時代に栄養学を学び体作りに励んでいた経験もあり、食事管理には関心があったという。

 野村信乃介主将(3年)は「肉ばかり食べていて、脂質が多いと分かった。足りないビタミンCを補うため、野菜や果物をたくさん食べられるよう親に頼んだ」と話す。「バランスの良い食事で、けがをしない体作りに役立てたい」

 アプリは食事の分析だけではなく、野球日誌も記入できる。清水監督は部員から毎朝ノートを回収する手間が省け、負担軽減につながったという。

 一方で、ちょっぴり寂しい「副作用」も。清水監督は「ノートには学校生活の悩みも書いてくれていたのに、アプリでは野球のことしか書いてくれなくなった。部活以外の話を読むのも楽しみだったんだけどなあ」。(遠藤美波)