[PR]

 大阪府茨木市の障害者支援施設で3月、一時利用で宿泊していた男性(30)が死亡する事件があり、大阪府警は13日、男性に暴行を加えて死亡させたとして、施設職員で介護福祉士の伊住祐輔容疑者(40)=大阪府箕面市=を傷害致死の疑いで逮捕し、発表した。「暴行していない。腕をつかんだが、けがは負わせていない」と容疑を否認しているという。

 捜査1課によると、伊住容疑者は当直勤務中だった3月22日午後11時~翌23日午前1時15分ごろ、勤務先の茨木市清水1丁目の「障がい者サポートセンターしみず」で、一時利用で宿泊していた男性の腹部に何らかの暴行を加えて胸腹部打撲症などを負わせ、同24日に死亡させた疑いがある。

 捜査関係者によると、死亡した男性は知的障害があり、過去に3回、施設を利用していた。

 捜査1課によると、男性は3月22日夕、1泊の予定で施設に入った。施設ではこの日、伊住容疑者と50代の女性職員の2人が当直勤務だった。23日午前0時ごろに女性職員が休憩に入り、伊住容疑者が一人で勤務し、男性を寝かしつけるため3階の一室に案内した後、男性の異変を確認。同午前1時15分ごろ、休憩中の女性職員を呼んで119番通報した。男性は病院に搬送されたが、24日に死亡した。

 府警は男性の胸や腹についた打撲痕を確認し、何者かが暴行を加えた可能性があるとして捜査していた。

 亡くなった男性の母親は今月4日、取材に「息子は暴れるような子ではない。息子に何があったのか早く知りたい」と話した。