[PR]

 福井県おおい町の名田庄こども園年長組園児16人が13日、かかし作りに挑戦した。稲作用の田んぼを提供する西忠彦さん(77)らの協力で、お父さん、お母さん、娘の3体を作り上げた。園児たちが5月に田植えをした田んぼに立てる予定だ。

 園児たちは10月ごろ、収穫した米をかまどで炊き、おにぎりにして食べる。西さんは「子どもに喜んでもらえるので、元気なうちは続けたい」と話していた。(菱山出)