[PR]

 男子プロバスケットボールBリーグ2部(B2)東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは13日、チームを指揮する新ヘッドコーチ(HC)に河合竜児氏(43)が7月1日付で就任すると発表した。2年契約。

 河合氏は昨季途中までB1福岡のヘッドコーチを務めた。山形市内で開かれた記者会見で、河合氏は「能力を秘めた選手が多い。それをどう引き出すかワクワクしている」と話した。運動量が豊富な選手が多いことを生かし、積極的なディフェンスで速いバスケを展開するとの構想を示した。

 愛知県出身の河合氏は、bjリーグ時代の浜松・東三河や信州のHCなどを歴任。2017年、当時B2だった福岡のHCに就き、1季でB1に導いたが、翌18年シーズンは成績不振で途中解任されていた。

 パスラボは、チームをB1に昇格させた経験、若い選手が多いチームを精神的に鍛える指導力に期待し、指揮官に迎えたという。