[PR]

 静岡市職員で中間管理職の50代男性が2014年に自殺したのは、長時間の時間外労働や、部下からの叱責や罵倒でうつ病を発症したことが原因だったとして、地方公務員災害補償基金市支部が3日、自殺を公務災害と認定した。遺族と弁護士が13日、県庁で記者会見して明らかにした。自殺が公務災害として認められるのは同市では初という。

 認定通知書などによると、男性は1976年に市職員に採用された。14年4月に異動した課で同月から10月に計約348時間の時間外労働があったほか、部下から「いい加減にしろ。やるって言ってやってないじゃないか」などと強い口調で責められ、同月にうつ病を発症。12月24日に職場で自殺したという。

 男性の手帳に残業時間や部下の罵倒に関するメモが残っており、遺族は15年5月、同支部に公務災害認定の申立書を提出したが、支部は17年3月に「公務外の災害」と認定。これを不服として支部審査会に審査を請求した結果、支部は「業務による強度の精神的または肉体的負荷」があったことを認め、「本件災害(自殺)は公務と相当因果関係をもって発生した」との判断を示して公務災害と認定した。

 男性の妻は会見で「職場でこう…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら