[PR]

 5月に亀山市内であった2件の特殊詐欺未遂事件で被害を防いだとして、亀山署は13日、計3人に感謝状を贈った。いずれも何か一言をかけたことが被害防止につながった。

 3人は、ファミリーマート亀山みずきが丘店の市野喜代実店長(60)とアルバイト店員の木村真弓さん(35)、志摩市阿児町甲賀、電気通信工事会社員中井誠さん(35)。

 木村さんは5月16日、約20万円分の電子マネーを買おうとする60歳代男性客の様子が変だと思い、「どうしたのですか」などと声をかけ、市野店長を呼んで2人で対応し、警察にも通報して被害を食い止めた。

 中井さんは5月23日、光ケーブル敷設の工事で訪れた民家で、60歳代の男性が電話で「銀行」「還付金」などと話しているのを聞いて不審に思い、電話を代わって内容を問い詰め、相手に電話を切らせたという。

 橋本利秋署長は「声かけには被害を防ぐ効果がある。みなさんの行動に感謝します」と話していた。