[PR]

 泥くさく生きる命の美しさが胸に迫る舞台だ。新選組の下級武士・吉村貫一郎に光を当てた浅田次郎の小説「壬生(みぶ)義士伝」が、雪組の名演で力強くよみがえった。

 吉村(トップスター望海風斗〈のぞみふうと〉)は、貧困にあえぐ盛岡の家族に仕送りする実直な侍。「おもさげながんす(申し訳ない)」が口癖で、家族や仲間には菩薩(ぼさつ)のようなほほえみを見せるが、ひとたび剣を抜くと鬼のような気迫になる。

 妻「しづ」と吉村に一目ぼれする鍵屋の娘「みよ」の2役を、トップ娘役の真彩希帆(まあやきほ)が繊細に演じ分けた。大野次郎右衛門役の彩風咲奈(あやかぜさきな)は、藩を背負って立つがゆえに、吉村に対して冷酷にならざるをえない哀(かな)しみを体現。朝美絢(あさみじゅん)は、荒くれ者の斎藤一(はじめ)を存在感たっぷりに演じきった。

記事後半ではショーの話題も。「音楽は人生そのもの」という望海の歩みを表現した曲もあります。

 新選組の男役が剣をふりかざす…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら