[PR]

 クレジット契約や訪問販売などのトラブルを相談できる「消費生活相談員」を、20年以上にわたって務める女性がいる。岐阜市の花井泰子さん(63)。市の嘱託職員として悩みに寄り添い、「賢い消費者を育てたい」と中学校で出前授業をしてきた。5月には岐阜県関係者として初めて、内閣府特命担当大臣表彰を受けた。

 花井さんは神戸市出身。商社のOLを経て、結婚を機に1981年に岐阜市へ移った。3人の子どもを育てながら資格を取り、末っ子が小学生だった99年、相談員の仕事を始めた。

 現在はJR岐阜駅そばの市消費生活センターで相談に応じる。花井さんを含め6人の相談員がおり、年約3800件の相談を受けるという。

 契約や支払いなどのトラブルは…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら