[PR]

 韓国で製造されたディオール化粧品の原産国を「フランス」と公式通販サイトで表示したなどとして、消費者庁は13日、百貨店の高島屋(本社・大阪市)に対し、景品表示法違反(原産国の不当表示)で、消費者への周知や再発防止策を講じるよう措置命令を出した。

 不当な表示は、シャネルやランコム、ジバンシィなど25ブランドの化粧品と雑貨計147商品にのぼり、1社当たりの同法の違反点数としては過去最多という。

 消費者庁によると、「高島屋オンラインストア」は2011年8月~今年4月、韓国で製造されたディオールのアイシャドーやファンデーションの「原産国・生産国」を「フランス」、フランス製のシャネルのバスジェルを「米国」などと不当に表示していた。

 商品のラベルやパッケージには…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら