[PR]

 ベトナム初の国産車メーカー「ビンファスト」が乗用車の本格生産を始め、14日、ベトナム北部ハイフォンの工場を公開した。イタリア企業のデザインを採用したセダンなど3車種の納車を7月までに始める予定だ。電気自動車(EV)も数年内に手がける。東南アジアを代表するメーカーをめざす。

 生産するのは5人乗りセダン「LUX A2・0」と、7人乗りSUV(スポーツ用多目的車)「LUX SA2・0」、小型車「Fadil」の3車種。デザインは高級車フェラーリなどで知られるイタリアのデザイン工房ピニンファリーナがてがけた。

 価格はセダンが9億9千万ドン(約458万円)、SUVが14億1460万ドン(約654万円)、小型車が3億9400万ドン(約182万円)。計1万台の注文を受けているという。

 ビンファストの親会社のビング…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら