[PR]

 イランを訪問中の安倍晋三首相は13日午前(日本時間同日午後)、テヘランで最高指導者ハメネイ師と会談した。首相は「平和への信念を伺うことができた」と会談を評価した。一方、最高指導者事務所によると、ハメネイ師は、米国への不信感を表し、トランプ米大統領との対話に否定的な姿勢を示した。

 会談は約50分間で、河野太郎外相やロハニ大統領らが同席した。ハメネイ師は行政、司法、立法、さらには中東屈指の軍事力の精鋭部隊・革命防衛隊なども統括。あらゆる政策を最終的に決める立場にあり、国民の投票で選ばれる大統領を上回る権限を持つ。反米を基調とする保守強硬派への影響力があり、首相が今回の訪問で最も重要視したのがハメネイ師との会談だった。

 首相は会談後、記者団に「ハメネイ師からは『核兵器を製造も保有も使用もしない。その意図はない。するべきではない』との発言があった」と明らかにした。首相は「平和への信念を伺うことができた」としたが、日本政府は会談時のハメネイ師の対米姿勢は明らかにしなかった。また、首相は「先般トランプ大統領と会談をした際、事態のエスカレートは望んでないとの発言があった」としたうえで、「大統領がどのような意図を持っているのか、私の見方を率直に話した」と明らかにした。

 一方、最高指導者事務所による…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら