[PR]

 柔道の男子日本代表コーチ、鈴木桂治さん(39)が現役復帰すると聞いて、ふと思い出したのは2001年11月の講道館杯全日本体重別選手権だった。

 国士舘大3年生の鈴木さんが男子100キロ級で4連覇を達成し、人目をはばからず号泣した大会だ。

 「こういう終わり方が悔しくて……」

 決勝で戦った相手は吉田秀彦さん(49)。言わずと知れた1992年バルセロナ五輪男子78キロ級金メダリストだ。3回目の出場となった2000年シドニー五輪の90キロ級3回戦で、右ひじ関節脱臼という大けがを負った。約1年後に引退を決意して臨んだ大会で、最後に対戦したのが鈴木さんだった。

 この階級で2学年上の井上康生さん(41)を追う存在だった21歳に、32歳の吉田さんは果敢に背負い投げを仕掛けた。「その瞬間、プチッといった」。右太もも裏を痛め、棄権という形で畳を下りた。

 「小学時代からテレビで見て内…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら