[PR]

 韓国国会の文喜相(ムンヒサン)議長が13日、訪韓中の鳩山由紀夫元首相と会談し、慰安婦問題に絡んで今年2月に上皇さま(当時は天皇陛下)に謝罪を求めた自身の発言について、「心を痛めた方々に謝罪の意を伝える」と語った。国会の広報官が明らかにした。

 文氏はまた、会談で鳩山氏から「日本人は天皇陛下までとりあげたことを失礼だと考えている」と指摘され、「全面的に共感する」と答えたという。

 文氏は自身の発言について、河野太郎外相から「発言には気をつけていただきたい」と苦言を呈された際には、「平素からの持論」と反発。韓国の聯合ニュースによると文氏は河野氏の指摘には、「謝罪する側が謝罪せず、私に謝罪しろとは何事か。盗っ人たけだけしい」と語ったとされる。(ソウル=神谷毅)