[PR]

 体力の衰えから今年4月に運転免許を自主返納していたのに、車を運転して高校生にけがを負わせたとして、群馬県警太田署は13日、群馬県太田市の会社役員の男(80)を自動車運転死傷処罰法違反(無免許過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

 署によると、男は13日午前8時20分ごろ、同市飯塚町の市道で無免許で軽トラックを運転。左折した際、自転車に乗って対向してきた大泉町の高校1年の男子生徒(15)をはねた疑いがある。男子生徒は打撲の軽傷だった。

 男は免許の返納後、同居する親族に運転を依頼していたが、グラウンドゴルフの大会に向かったこの日は親族が不在だったという。

【動画】全国で相次ぐ高齢ドライバーによる交通死亡事故。警察のデータで浮かび上がった特徴は?=グラフィック・田中和