[PR]

 日本の人口が約3千年前の縄文時代の終わりに激減していたことが現代の日本人男性の染色体の解析でわかったと、東京大の大橋順准教授(集団ゲノム学)らの研究チームが英科学誌に発表した。世界的な寒冷化が起きた時期と重なっており、食料調達が難しくなったことが原因の一つではないかとみている。

 研究チームは男性だけが持つY染色体に注目。父から息子へと代々受け継がれるため、詳しく解析すると祖先をたどる「家系図」をつくることができ、枝分かれの時期などから集団の人口の推移が推定できる。

 まず、現代の日本人男性の中から、縄文人に由来するとみられるY染色体を持つ122人を特定し、その「家系図」を解析した。その結果、100世代ほど前の約3千年前に2分の1から3分の1に減り、その直後に10倍以上に増えていたことがわかった。

 これまでの研究では、世界的な寒冷化が起きた縄文時代の終わりの後に、大陸からの渡来人が日本列島に稲作の技術をもたらして人口が急増したと考えられている。大橋さんは「時代ごとの遺跡の数や規模から、推定されていた人口の増減を、染色体の解析で裏付けることができた」と話す。

 論文は英科学誌サイエンティフィック・リポーツのウェブサイト(http://doi.org/10.1038/s41598-019-44473-z別ウインドウで開きます)で読める。(小宮山亮磨)