[PR]

 紙芝居と駄菓子が詰まった木箱をバイクの後ろに積み、40年にわたって大阪の街角で紙芝居を演じてきたおっちゃんが、紙芝居人生最後の新作づくりを進めている。これまでは子どもたちに夢を与えてきたが、最終作は大人向けの壮大な物語に挑む。

 カーン、カーン、カーン。6月初めの夕暮れ、大阪市北区の公園に杉浦貞(ただし)さん(88)が打つ拍子木の音が響いた。20人余りの子どもが集まり、50円の水あめ、ソースせんべいなど懐かしい駄菓子を売ると、いよいよ紙芝居の始まりだ。

おっちゃんの絶妙な語り口と、夢中で紙芝居を見つめる子どもたち。動画もあります。

 この日、杉浦さんは新作「遷都…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら