[PR]

 福山市教育委員会は今春、新しい英語学習の方法を一部の中学校で導入した。「ラウンドシステム」と呼ばれ、同じ教科書を繰り返し学ぶ手法。「聞く」「話す」「読む」「書く」の習得に効果があるとみている。

 市教委などによると、同システムは年間の授業で同じ教科書を繰り返して学ぶ。1回目では教科書の内容をリスニングでひととおり理解する。2回目では音声で聞いた内容を文字(単語、文)と一致させる。3回目では音読をする――などの内容という。

 市教委は、先行する横浜市や埼玉県熊谷市のケースを視察するなどし、「実際の英語によるコミュニケーション能力の育成に効果がある」と判断。4月から城北、鷹取、中央、城西の4中学校の1年生と、小中一貫の義務教育学校・鞆の浦学園の7年生でスタートさせた。

 「頭から文法を教え込むのでは…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら