[PR]

 中東のホルムズ海峡付近のオマーン湾で、日本の海運会社が運航するタンカーなど2隻が攻撃を受けたことについて、菅義偉官房長官は14日午前の閣議後会見で「背景も含めて、予断をもって発言することは控えたい」と言及を避けた。安倍晋三首相のイラン訪問とタンカー攻撃の関係性を問う質問にも「米国政府と緊密に連携しながら情報交換を行っている」と述べるにとどめた。

 タンカー攻撃については、ポンペオ米国務長官が13日の緊急記者会見で「米政府はイランに攻撃の責任があると分析している」と明言。これに対し、イランの国連代表部は同日、「米国の根拠なき主張を断固として認めない」として、米側の主張を真っ向から否定する声明を発表した。安倍首相のイラン訪問のさなかに起きた事態を契機に、米イランの対立が一層深刻化している状況だ。

 政府高官は「周辺国を含め、い…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら