[PR]

 自然の恵みへの感謝と梅雨時期の無病息災の願いをアジサイの花に込めて神前に供える「紫陽花(あじさい)祭」が14日、和歌山県那智勝浦町那智山の熊野那智大社であった。

 アジサイの花を添えた野菜や魚などを神職が神前に供えたのに続き、青とピンクのアジサイの花を髪に飾り、手にアジサイの小枝を持った巫女(みこ)2人が神楽「豊栄の舞」を奉納した。

 大社境内や参道ではガクアジサイやヤマアジサイなど約2千株が見頃を迎えている。旧宮司職舎前の名所「紫陽花園」は今月末まで一般開放されている。(東孝司)