[PR]

 24時間営業の短縮などで揺れるコンビニ業界のあり方を考えようと、世耕弘成経済産業相は14日、経産省内に検討会を設ける考えを明らかにした。第1回会合を28日に開き、早ければ年内中に中間報告をとりまとめる。座長は伊藤元重・学習院大教授が務める。

 今年夏には、コンビニ店主や従業員、利用者らを対象にした聞き取り調査も実施するという。世耕氏は14日の閣議後の会見で「コンビニが社会的期待に応えながら持続的に成長するためのあり方を検討したい」と話した。