[PR]

 風水害や地震による建物被害の件数をリアルタイムで予測し、地図上に表示するウェブサイトを、あいおいニッセイ同和損害保険などが開設し、17日から正式に公開した。自治体ごとに被害が何棟くらいになりそうか被災直後につかめるようにして、迅速な救助や初動対応につなげたいという。

 サイト名は「cmap.dev(シーマップ)」(https://cmap.dev別ウインドウで開きます)。横浜国立大、再保険仲介会社のエーオンベンフィールドジャパンと共同で設けた。誰でも見ることができる。

 過去の保険金の支払い実績や、全国の建物1棟ごとの分布と形状のデータベースなどをもとにした。実際の降水量や風速、震度などのデータから、豪雨による床上浸水、台風による屋根の損傷、地震の揺れによる被害などが生じる建物数を推計し、グラフで示す。

 気象災害は1時間ごと、地震は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら