[PR]

 麻生太郎財務相兼金融担当相は14日の閣議後会見で、老後の生活費が2千万円不足するとした金融庁審議会の報告書について、「この表現はいかがかと(審議会と)一緒に調整するところが抜けていた」と述べた。「毎月の赤字額は約5万円」と記したことなどについて、事務局を務めた金融庁の担当者の調整不足が混乱を広げたとの見方を示した。

 報告書は老後の資産形成を呼びかけるねらいでまとめられた。麻生氏は「ふつうの人が報告書を読むと公的年金制度自体が危ないと取られる。はなはだ不適切な表現で、現実は違う」と強調。正式に受理する前に採否を表明した理由について「全国に不安が広まっている。(手続きを)待つ間に不安はさらに広がる」と説明した。(山口博敬)