[PR]

 法務省東京矯正管区は14日、機密情報などが入った業務用パソコンで勤務中にアダルトサイトを見たり画像を保存したりしたとして、赤城少年院(前橋市上大屋町)庶務課の男性法務教官(58)を減給5分の1(4カ月)の懲戒処分とし、発表した。

 院によると、男性教官が使用したのは収容中の少年らの個人情報などが保存され、インターネット接続が禁じられているパソコン。昨年1月21日~11月1日の院内での勤務中、風俗や出会い系など約1万5千件のサイトを閲覧し、アダルト画像や動画など約400件を保存していたという。

 昨年11月1日に同僚が気づき、発覚。ウイルス感染や情報流出は確認されなかったという。男性教官は「暇つぶしのためだった」と話しているという。

 院内では上司の許可を得れば別…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら