[PR]

 BMWは14日、燃料タンクの溶接に不具合があったとして、「116i」と「120i」の2車種計2万3746台(2011年6月~14年2月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

 国交省によると、燃料タンクのカバーが正しく溶接されておらず、走行中の振動で亀裂ができ、燃料が漏れる恐れがあるという。