[PR]

 秋田県北秋田市の森吉山(1454メートル)で高山植物が見ごろを迎え、大勢の登山客を楽しませている。山頂に近い稚児平(ちごだいら)周辺では、白のチングルマにピンクのイワカガミが交じって咲き、疲れを癒やしてくれる。

 森吉山は標高1167メートルまでゴンドラを利用できる。独立峰で、晴れていると山頂から360度の展望が広がる。男鹿半島や秋田駒ケ岳、岩木山、岩手山などの名山の眺望が楽しめる。

 阿仁スキー場によると、登山道の両側にお花畑が広がる山人平(やまびとだいら)の見ごろは20日ぐらいになりそうだという。阿仁スキー場ではガイドが同行する有料の自然観察会を10月まで随時開催する。問い合わせはスキー場(0186・82・3311)へ。(加賀谷直人)