写真・図版

[PR]

 梅雨になり、気温と湿度が高い日が続く。水虫の原因である白癬(はくせん)菌は、じめじめとした環境が大好きだ。特に注意したいのが爪に感染する水虫だ。治しきらないと、足の水虫を繰り返す原因になる。昨年、21年ぶりに新しいのみ薬が出て、より治療しやすくなった。

 東京都内に住む70代男性は足の水虫が気になり、今年1月、埼玉医大病院(埼玉県毛呂山町)の皮膚科を受診した。靴を脱ぎ、常深(つねみ)祐一郎教授に足を見せた。爪は濁っていて、形も崩れていた。削り取った部分からは白癬(はくせん)菌が見つかった。

 「足と爪の水虫ですね」。常深さんが伝えると、男性は「爪も水虫になるんですか」と驚いた。さらに常深さんは「爪の水虫を治さないと、足の水虫を治しても爪から菌が移って再発します。爪の水虫も治しましょう」と続けた。

 水虫の原因はカビの一種の白癬…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら