[PR]

 聴覚障害者によるデフバスケットボール世界選手権(27日~7月6日、ポーランド)の女子日本代表の主将を務める千葉県柏市在住の橋本樹里さん(25)が、秋山浩保市長を14日に表敬訪問し、活躍を誓った。

 橋本さんは愛媛県出身。先天性の難聴で普段は補聴器を使用し、手話で会話をしている。小学校3年でバスケットを始め、高校まで健常者と一緒にプレー。筑波技術大学(茨城県つくば市)に進学後は、社会人チームの「東京VAMOS」に所属している。

 大学を卒業して現在は、女子バスケットのWリーグ・日立ハイテククーガーズ(茨城県ひたちなか市)の事務局に勤務し、東京都内へ週3回、所属チームの練習にも通う。仕事と練習を両立するため、3年前に柏市に移り住んだという。

 ポジションはポイントガード。…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら