[PR]

 イスラム教徒(ムスリム)の心のよりどころ、モスク。国際化の波で日本にも100カ所以上ある。1936年に国内2カ所目のモスクが誕生した名古屋市は、今もムスリムが多い。その世界観に触れようと、日中の飲食が禁じられるラマダン(断食月)の5月下旬、中心部にある「名古屋モスク」を訪ねた。

 名古屋駅から直線距離で約1キロ。大通り沿いにミナレット(尖〈せん〉塔)を持つビルが見える。宗教法人「名古屋イスラミックセンター」が運営し、1階に事務所、2階に女性用、3階に男性用の礼拝室などがある。

 西の空が赤く染まる午後6時半ごろ、ムスリムが集まってきた。ガーナ、セネガル、インドネシア、インドなど、十数カ国からの100人以上の外国出身者のほか、日本人の姿もある。

 自営業者や留学生、研修生など仕事や年齢は様々で国も言葉も違うが、口々にムスリムのあいさつを交わす。「アッサラーム・アライクム」。アラビア語で「あなたの上に平安を」といった意味だという。

 太陽が沈むと、マグリブ(夕方の礼拝)が始まった。エジプト出身のイマーム(導師)に従い、聖地メッカに向かって祈る。

 礼拝後、この日の断食明けの食事「イフタール」が始まった。ジュースや果物、マカロニ、ピラフ、揚げ物……。日の出から日没まで飲食できなかったムスリムたちの表情は緩み、会話が弾む。ウズベキスタン出身の留学生アスリディンさん(22)は「断食は慣れると苦にならない。食事は楽しみだけど、ラマダン中はなぜかあまり量を食べられないんだ」とほほ笑む。

 名古屋モスクではラマダン中、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら