[PR]

 アフリカ中部のコンゴ民主共和国で、エボラ出血熱による死者が1400人を超え、感染が拡大している。治療にあたる医師や施設が襲撃されるなど、封じ込め対策は難航。世界保健機関(WHO)は14日、専門家による緊急委員会を開催、緊急事態宣言は見送ったものの、隣国への感染拡大の危険性を指摘している。

 WHOによると、コンゴ東部で、昨年8月から北キブ州やイトゥリ州を中心に計1411人が死亡。症例数も2100を超え、2014年に西アフリカで広がった以来の犠牲者が出ている。今月にはコンゴ東部に渡った5歳の男児やその祖母が隣国ウガンダで亡くなった。

 14日にあったWHOの緊急委員会は、予測できない急拡大ではないとして「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」の宣言はしなかったが、治療や封じ込めに必要な資金が不足していると判断、国際社会に支援を呼びかけた。

 エボラ出血熱は1976年にコ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら