[PR]

 第57回奈良県合唱祭(奈良県合唱連盟、全日本合唱連盟関西支部、朝日新聞社主催、キユーピー協賛)が15日、大和高田市のさざんかホールで開幕した。初日はおかあさんコーラス全国大会の選考を兼ね、おかあさんの部があり、34団体が歌声を披露。萩の草笛合唱団と鹿ノ台アザレアコーラスが県代表に選ばれた。

 おかあさんコーラスは工夫を凝らした衣装や振り付けも見どころ。各団体とも個性あふれるステージを見せた。県代表の2団体は合唱祭賞を受賞した10団体から選ばれ、8月24、25日に金沢市である第42回全日本おかあさんコーラス全国大会に出場する。

 萩の草笛合唱団が披露したのは、6月の自然の美しさを歌った「夏」(ロセッティ作詩)など2曲。13人が透明感のある声をホールに響かせ、3回目の全国出場を決めた。メンバーの田中有子さん(53)は「みんなと全国に行けてうれしい」と喜びを語った。がんの治療を続けながら練習に通うといい、「木々が茂ったり鳥がさえずったり。歌詞にある情景を思い浮かべて、今生きるこの瞬間の喜びを歌いました」。

 鹿ノ台アザレアコーラスは「お…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら