[PR]

 弘法大師空海の生誕を祝う恒例の「青葉まつり」が15日、和歌山県高野町の中心部で開かれた。

 青空が広がる中、県警音楽隊や地元小学校の鼓笛隊などが奥の院の一の橋を正午すぎにスタート。高野山真言宗総本山金剛峯寺の前まで、稚児や信者らの行列が踊るなどしながら練り歩く、「花御堂渡御(とぎょ)」が繰り広げられた。

 地元で働く女性から選ばれた4人の青葉娘と、町内のこども園の園児による稚児大師を乗せた山車からは、絵などが描かれた色とりどりの「散華(さんげ)」がまかれた。これを求めようとする沿道の人々から、様々な歓声がわきおこった。(鈴木芳美)