[PR]

 6月23日の沖縄慰霊の日に読まれる子どもたちの「平和の詩」。沖縄戦の悲劇を受け止め、平和を訴える姿は大きな共感を呼び、年々注目度が高まっています。過去に朗読した子どもたちは、当時どんな思いで詩を書き、今はどう振り返るのでしょうか。大人になった皆さんに、話を聞きました。

     ◇

知花竜海さん(39)

僕はちかう

海と風のかおるこの島を

二度と殺させないと

僕はいう

世界中の人々はみんな愛しあえる

雨がやんだ

雨あがりのアスファルトに

光がはねて、とてもまぶしい

(1994年「光がはねて、とてもまぶしい」から)

     ◇

チビチリガマの光景が頭に浮かんだ

 ミュージシャンをしています。ミクスチャーロックが中心。沖縄から発信する音楽にこだわり、ウチナーグチ(沖縄の言葉)の歌や、基地問題についての歌も作ってきました。その原点は間違いなく「平和の詩」です。

 中学3年の慰霊の日に向けた授業で、平和について考えて詩を書く課題を出されました。ちょうど梅雨の時期。「沖縄戦の時も雨が降っていただろうな」と思って、小学生の時に入ったチビチリガマの光景が頭に浮かびました。

 「集団自決」で83人が亡くな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら