[PR]

 埼玉県東松山市材木町の集合住宅の一室で住人の介護施設職員、渡辺真澄さん(38)の遺体が見つかった事件で、県警は15日、渡辺さんの知人で住居不定、無職の佐々木靖幸容疑者(41)を殺人の疑いで逮捕し、発表した。「間違いない」と容疑を認めているという。「恨みがあった」とも述べているが、県警が詳しく動機を調べている。

 県警によると、佐々木容疑者は渡辺さんの元勤務先の介護施設に派遣され、今年に入って渡辺さんと知り合った。2人は約2カ月間、一緒に働いたという。2人の間のトラブルなどの県警への相談歴は確認されていないという。

 佐々木容疑者は11日夕方から13日朝までの間、渡辺さん方で刃物のようなもので渡辺さんの腹や胸を刺して殺害した疑いがある。司法解剖の結果、渡辺さんの胸や腹には十数カ所の刺し傷があり、致命傷となる傷も数カ所あった。死因は失血死だった。

 渡辺さんの携帯電話を調べたところ、直前まで佐々木容疑者と通話やメールのやりとりがあったことが判明。15日には佐々木容疑者の親族から県警に「(佐々木容疑者から)関与をほのめかすメールを受け取った」との連絡があったという。県警は同日午後1時35分ごろ、東京都板橋区の商業施設内で佐々木容疑者を発見し、任意同行を求めた。当時、数本の刃物を所持していたという。県警は、これらが凶器の可能性があるとみて詳しく調べている。

 渡辺さんは11日夕方に職場を出た後、12日に連絡がないまま欠勤。同日午前10時ごろに渡辺さん宅を訪れた同僚2人がインターホンを押したが反応がなかったという。

 翌13日午前7時15分ごろ再度訪れた同僚が玄関のドアが施錠されていないことに気づき、室内のユニットバス出入り口付近で倒れている渡辺さんを見つけた。11日夜に死亡したと推定されるという。

 渡辺さんの父親は15日、「うそであって欲しいという気持ちと、どうして娘が殺されなければならなかったのか、これからどうすればいいのかという気持ちが入り交じり、今は何も考えることができません。どんな理由であれ、許すことはできません」などとする談話を出した。