[PR]

 自民党の岸田文雄政調会長は15日、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備が計画されている秋田県で講演し、この計画をめぐる防衛省の対応について「まったく言語道断。今の状況で設置の可否はとても判断できない」と批判した。その上で、計画推進には防衛省と地元との信頼関係の再構築が必要との認識を示した。

 秋田市の陸上自衛隊新屋(あらや)演習場にイージス・アショアを配備する計画では、防衛省の報告書に誤りがあり、住民説明会で防衛省職員が居眠りをしていたことも発覚。岩屋毅防衛相が謝罪のため、17日に秋田市を訪問することになっている。岸田氏は「こうした謝罪をもって、またゼロからのスタート、出直しということだ」と強調した。