[PR]

 タピオカ入りの飲み物が空前のブームだ。1杯500円前後と安くはないが、若い女性を中心に支持を集め、出店が相次ぐ。なぜなのか。

 ファッションブランドの旗艦店が集まる東京都渋谷区の表参道。路地に一歩入ると、タピオカミルクティーの店が立ち並ぶ。所々に行列ができ、飲みながら歩く人の姿も。月に2~3回飲むという女子専門学校生(18)は「ちょっと高いけれど、おいしい。ご褒美みたいな感じ」。友達が集まる時にも「とりあえずタピオカだったら、反対する子がいなくてまとまりやすい」と言う。

 ここ1~2年で都市部を中心に店が増え、首都圏だけで数百店とも言われる。東京、名古屋、大阪、福岡など全国で38店を展開する「ゴンチャジャパン」の葛目良輔社長兼COO(48)は「女性を中心にカフェは好きだが、コーヒーは苦手という層を取り込んでいる」と解説する。2020年末までに100店に増やす計画だ。

 タピオカは、芋の一種であるキ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら